風俗とThe Vomelet forという越谷

  • 投稿者 : メインディッシュ!!
  • 2013年10月27日 4:09 AM

「さあな、お嬢さん。相手は所長だ。越谷 風俗に対し有名なデリヘルの店長の親友じゃあない。秘密を打ち明けてくれたりはしないさ。さあ、行くぞ」人気デリヘル女は木製の椅子にファーガソン所長と向かい合って座り、信じられない思いでおすすめのデリヘル女を見つめていた。ファーガソンは老眼鏡をかけ、生え際の後退しかけたやせこけた男だった。物腰は柔らかく、威圧感はない。所長は厳格で、いっさいの規則違反を見逃さないという噂は耳にしていた。しかし、実際に会ったのはこれが初めてだ。拘置所の所長というより、学校教師のように見える。「いま言ったことがわかったかね?」所長が尋ねた。人気デリヘル女は首を振った。「検事局からこの書類が届いた。申立害というんだが」所長が一枚の紙を差し出し、人気デリヘル女はそれにじっと目を落とした。最早越谷じゃ「君に対する訴えは取り下げられた。釈放だ」「どういうことでしょう」人気デリヘル女は聞き返した。「検事局には今朝行ったばかりです」ファーガソンの薄い唇がかすかな曲線を描いた。「ここを出ていくことに異議はないはずだがね。我々の温かいもてなしから逃れられると聞いて、ここのゲストから苦情が来たことはほとんどないよ」所長が冗談を言っていることはわかったが、人気デリヘル女はめまいを感じていた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。